2019年2月20日 (水)

番外編・・・私にとっての『乙事主』 No.4

「!」
その光景に
慌ててブレーキを踏みました。
普段は雪道に気をつけて、ポンピングブレーキをしますが
それどころではありません。
「またかよっ!」

目の前の
左の林から右の林に向かって一列に繋がり
道路を横切る
ニホンジカの集団に
声を出しました。
そして
雪道の下り坂を滑って行く車が
激突しない事を祈るだけでした・・・。
車は
止まりました。
当たった感触も無く・・・。
ニホンジカの集団は
道路の左と右の二手に分かれていました。
その時
私は
どのくらいの数がいるのか
鹿の姿を数えていました。
右に6頭
左に6頭
合わせると12頭見えました。
「林の中にはもっといたかも知れない」

思いながら
「対向車も後続車も来なくて良かった」

胸を撫で下ろし
車のエンジンをかけ
出発しました。
すると
対向車のライトが向かってきました。
「良かった〜!」

ニホンジカの集団はもうあそこには居ないだろうと思い
声を出していました。
そして
ゆっくり走り
家に着くと
おじさんとおばさんに話をしました。
すると
二人とも
「そんな光景は見たことがないし、今まで一度も
そんな話を聞いたことがない」

話してくれました。
(・・・続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月20日 春スキーの始まり

朝11時。
天気は
晴れている中を霧雨が降っています。
気温はプラス10度。
ゲレンデは湿った雪です。
「あれっ?」
「珍しいな」
と思うと
「朝は滑りやすかったんですよ」
と、
誰よりも早くゲレンデに出て
誰よりも長くゲレンデで過ごし
一年中スキーのことを考えている
千葉の斎藤さんが
今日は
いつもより早く
戻り話してくれました。
「スキー場の上部では雨足が強まり
ゴーグルをしていても見づらくて
そろそろ
スキーが雪に捕まりそうになってきたので・・・」
と話してくれました。
しばらくして
青空が広がりだしました。
春を誘う
暖かな日差しが
降り注ぐ
雪面が
眩しい光を反射しています。
・・・・・
春スキーの季節がやってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

2月19日火曜日

朝8時。
天気は曇り。
気温はプラスマイナス0度。
雪は
圧雪車がアイスバーンを砕いて整備された
柔らかなゲレンデです。
・・・この何日か
第3クワッドリフト横の
ロマンスコースを
お揃いのスキーウェアがユニフォームになった
大学生の集団が
縦に繋がりながら
ターンをする度に声を出し
滑り降りるのが見られます。
彼らが
リフトに乗り
人の少なくなったゲレンデを
今度は
上手なスノーボーダーが
ターンすると
「ゴーーッ」
という音を立てて
雪煙を上げ
勢いよく滑って行きます。
今日2月19日は
立春から数えて15日目。
暦の『雨水』で
それは
「空から降る雪が雨に変わり、地上の雪や氷は水となるころ」
という意味のようです。
残念ですが・・・雨になってしまうのでしょうか?
せめて
ミゾレであってほしいものです。
・・・そして
今夜の『スーパームーン』
今年一番の明るい夜は
どうやら
お預けのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

いい刺激を

冷たいけれど
ここちの良さを感じる
風が
今日は一日吹いていました。
・・・先シーズン
お祭広場を手伝ってくれた
“さっちゃん”

一昨日、遊びに来てくれてました。
そして
「片品高原スキー場に
クレープ屋さんが出来たようなので
行って来ます」

隣の片品高原スキー場まで
歩いて行き
クレープを買ってきてくれました。
「なかなかお洒落な感じでしたよ」
「小さなお店の中で三人の女性が手際よく作っていました」

教えてくれました。
・・・今日
ケン兄さんが
お祭広場に初めて来たらしい
女性二人と話をしています。
私が近づくと
「さっちゃんが行ったクレープ屋さんの人達です」
と教えてくれました。
「さっちゃんに話しを聞いて
3月になれば伺える時間ができるかな、
と思っていたんですが
先に来られてしまいましたね」
と伝えて
そのあと話を聞きました。
すると
二人のうちの一人が
「フランスでパティシェをしていたんです」
とのことでした。
片品村のスキー場で
唯一
入場者が増えている
片品高原スキー場。
お客さんに満足してもらおうとする
その取り組みの一つを
知った気がしました。
いい刺激をもらいました。
そしてお昼時
元気なオーストラリア人、ニュージーランド人グループ
少しシャイなイングランド人数人
そして常連の日本人の人達
その全員が共鳴した
不思議な雰囲気の
賑わいが
店内に作り出されていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

2月のリス


お祭広場へ行く前に
ふと、
雪面に目をやると
「ぴょん、ぴょん」

胴体と同じくらいの大きさのフサフサの尻尾を上下させ
飛び跳ねながら走る
リスを
見つけました。
私の横に並んだ
お祭広場のおばさんが
「2月になると出てくるんだよ」

言います。
おばさんの定点観測には
楽しませられます。
今日も
昨日に引き続き、上空には寒気が居座っていますが
雪雲の間から
時々こぼれてくる陽光には
柔らかさを感じます。
・・・そして
今日の
ゲレンデは
アイスバーンの上に
雪が積もり
「男子国体コースは思ったよりも難しかった」

朝一番から滑っていた
高校生の大輝くんが話してくれました。
・・・2月3度目の日曜日も
もうすぐ終了する時間です。
今日も
常連の人達
ここを知っていた人に連れてこられた初めての人
ここを知っている人に紹介されてきた人
全く初めてなのに来店してくれた人達の
多くの人達によって
日曜日らしい
賑わいを
醸し出していただきました。
感謝です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

何かが・・・起こっています。

先日
お祭広場に行こうとする
おじさんが
「さあ〜、今日も遊ばせてもらうぞ!」
と言って
椅子から立ち上がりました。
そして
・・・今日
お祭広場に行こうと
既に準備を終えていた
おばさんは
椅子に座るおじさんに向かって
「Stand Up !!」
と言いました。
・・・
「えっ!」
・・・

そこにいた私と妹は
驚き
大爆笑してしまいました。
何かが
・・・
起こってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっくんの国体速報!

北海道で開催されている
冬季国体に
群馬県代表選手として
今朝のレースに出場した
おっくんは
無事完走しました!
いつも
ギリギリにポールを責めるので
国体で
なかなか完走することが難しかったのですが・・・。
良かったです。
おめでとう!
成績は
32位
でした。
(休憩中のお客さんに教えていただきました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月16日土曜日の朝

朝6時半。
天気は曇り
チラチラと雪が降っています。
気温はマイナス⒉6度。
ゲレンデは
圧雪車によってアイスバーンが砕かれて
サラサラした状態になっています。
7時過ぎ
降っていた雪たちが結晶を繋げたのか
大きくなってきました。
それに合わせ
降る量も増し
厨房の正面に見えている
針葉樹の緑色を背景に
白いまだら模様斜めに落ちていくのが見えます。
2月16日
土曜日の朝
ゲレンデは
徐々に週末らしい賑わいが出てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編・・・私にとっての『乙事主』No.3

・・・あの出来事から
2、3日が経っていました。
大雪は止むことがなく、まだ続いていました。
・・・その日
お祭広場の仕事を終えてから
駐車場で
箱バンの屋根に積もった山のような雪を落としました。
おじさんが運転する車を
(この冬の途中までおじさんは車を運転していました)
見送りました。
それから
近くに止めた軽トラックのエンジンをかけると
おじさんの車を追うように
わたしも駐車場を後にしました。
「ゆっくりと先に行ってるよ」
と言って走り出した
おじさんの車は
大粒の大雪が
視界を遮るのか
見えません。
そして
第1駐車場からの坂道を下って行きました。
左側は第3駐車場があり
右側はカラマツ林が続いています。
その中に
一軒の洋風な宿があり
その先に大きな体育館があります。
それを過ぎて
第2駐車場へと向かう登る坂道が
左側に
出てきた頃でした。
「!」
「!・!・!」
「えっ、なにっ!」
正面を照らすライトが
大雪の中に
見たことのない光景を浮かび上がらせました。
(・・・続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

泡の結晶

昨日の
昼過ぎ
外のテーブル席では
男性3人が
生ビールを飲みながら
楽しそうに笑いあっていました。
彼らの他には
空気が冷えている外で休む人は一人もいませんでした。
三人は思う存分楽しみ
立ち上がると
厨房正面の窓を開けて
「ご馳走さまでした」

空になった中ジョッキを下げてきました。
「ありがとうございました」
と言って
ジョッキを手にすると
ジョッキの内側に付いていた泡が
綺麗に凍り
白く結晶化していました。
「うわー綺麗だな〜!」

初めて見た
小さな自然の造形の出来栄えに
感嘆していました。
・・・そして
その寒さをもたらした寒気は
今日も
上空に居座っていました。
そのお陰で
ゲレンデの状態は終日良好でした。
遅い昼食を終えて
くつろいでいた人達の一人が
「今回の滞在が今シーズンは最後です。
最終日の明日は
滑らずに帰る予定だったけれど
ゲレンデががあまりにも滑りやすく気持ち良かったので
明日も来ることにしました」

喜んだ顔で
話してくれました。
今日の気象情報が伝えるところでは
明日も
まだ寒さは続くようなので
ゲレンデの状態は
良さそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

19年ぶりの・・・はにかむ笑顔

今日
天気は晴れでした。
雲は
一日中
空を移動していましたが
雪面から明るさが消えることはありませんでした。
寒さの幕が
太陽の熱を遮断してくれたために
「今日は最高の誕生日プレゼントだったよ」

ゲレンデの状態を
誕生日を迎えた女性が
満面の笑顔で
呟き
教えてくれました。
・・・・・
もう19年前のことです。
それまでの5年
お祭広場に一か月近く滞在すると
一生懸命手伝ってくれた女性がいました。
その人は
帰りに
日本のコーヒー専門店を回り
そして河童橋に行くと気に入った日本の食器類を購入し
台湾へ帰って行きました。
その後
当時、台湾では珍しかった
自家焙煎コーヒーを提供する
喫茶店をオープンしました。
働き者の彼女の店は評判になり
繁盛し
やがて伴侶を見つけ
母親になりました。
その連絡を聞き
「優しいお母さんになるだろう」
と嬉しく思っていました。
・・・昨年の秋
ケン兄さんに
「子供を連れてお祭広場へ行きたい」

台湾から電話が入りました。
・・・19年ぶりに見る彼女は
あの頃と変わらぬ
少し、はにかむような笑顔をして
その人によく似た男の子二人を紹介してくれました。
そして
あの頃と同じく
お祭広場の厨房を手伝ってくれました。
「こんなにも
あの頃のことを
大切に思っていてくれたんだ」

嬉しさで
胸に
熱いものが込み上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

2月12日の朝

朝7時。
天気は雪。
気温はマイナス⒌1度。
積雪は、少しアイスバーン状の雪の上に粉雪が3センチ。
灰色の空から
粉雪が降り
ときおり
「ヒュ〜〜〜ッ」

北風が空気を震わせ音を立てます。
「今日も朝焼けだよ」
「2、3日後に天気が変わるね」

お祭広場のおばさんが言う
東の空を見ると
山の上に雲の隙間があり
そこがピンク色とオレンジ色の混じったような色をした
朝焼けになっていました。
そして12日の
お祭広場では
早朝より準備の進む
お赤飯が
「もうすぐ炊けますよ〜!」
とでも伝えてくるような
美味しそうな匂いが店内に漂い始めています。
・・・店内に明かりが差し始めました。
外が輝いています。
どうやら
天気は回復しそうです。
気持ちの良い一日になりそうです。
すると
厨房から
「炊けたよ〜!」

声がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

昨日(2月連休中日)と今日

朝8時半。
天気は曇り。
気温はマイナス⒌3度。
新たな積雪は無し。
昨日は
片品村のスキー場5つがほぼ満車状態だったようです。
以前、片品村にはスキー場が7つあり
岩鞍スキー場の駐車場も第5駐車場
(今は第2駐車場までです。第3駐車場は従業員用として使われています)
までがいっぱいになった頃に比べると
その数はだいぶ違いますが
それでも久しぶりに
ゴンドラの駅舎前、第2、第3リフト乗り場前の行列が
一日中続いていました。
そして、その混み具合は片品村以外のスキー場でも
同じように起こっていたようです。
昨日帰宅された方々は
きっと大変な渋滞の中を家路に着いたのではないでしょうか。
本当に
本当に
お疲れ様でした。
・・・・・1日が経った
今日は
「また来週!」
と言って
連休最終日を遊び終えて帰る方々と
「今日からよろしく!」
と南関東に降った雪の影響で
到着が遅れ
これから
数日滞在する方々が
交差する日となりました。
そして
ゲレンデは
これから徐々に春の雪に近づいて行きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

連休二日目の朝

朝7時半。
天気は雪。
気温はマイナス⒍7度。
積雪は6センチ。
上空に
強い寒気が流れ込んでいるため
雪は
結晶のはっきりとした粉雪となり地上へ落ちてきます。
圧雪車が通らなかった所はゲレンデ横を見ると
キラキラ、キラキラ

満点の星空よりも多くの
輝く光を反射しています。
整備されているゲレンデを歩くと
足を載せた雪面は足跡を形成せず
前に行こうと最後に体重をかけたつま先を
崩れる雪に取られてしまい
滑ります。
「鳴き砂はこんな感じなのかな」

感じていました。
昨日の土曜日
冬は
この時が
ピークだと思わせる
年末年始よりも多くの人達が来てくれました。
2月の連休は
冬遊びには一番いい時なのだと
改めて感じました。
そして
寒さは
澄んだ空気を運んできて
こちらの気持ちも澄ませてくれました。
連休二日目
今日も笑顔いっぱいの花が咲きますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

オッコトヌシの続きについて

個人的な出来事なので
番外編としながらも
躊躇していました。
そのため・・・なのか・・・
ブログとして
既に書いていながら公表されない状態になっていたので
慌てて更新しました。
先日
「続きが気になって寝られない」

言ってくださる方々がいたので
公開した事を
お伝えします。
ブログを読んでくれる方々に励まされています。
ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«風の子